2013年04月21日

F1で失敗したトヨタ、原因は本拠地・企業文化・お金


トヨタがF1で失敗したのは

偶然ではなくて、ちゃんとした原因がある



日本のメーカーは自社の宣伝目的で
F1に参戦することが多い。

5年でチャンピオンになると言っていたけど、
8年間、1勝もできないで、大失敗


その原因は、本拠地がドイツだったこと。
そして、企業文化が邪魔してのろい。
勝てなかったのにはちゃんとした原因があります。

トヨタはなぜF1で勝てなかったのか?


強いチームに学ぶということはできないのかな?
勝てないのに、自分のやり方に固執するのは危険すぎます。

でも、つづけたくてもつづけられない理由もある。
やっぱりお金の問題は深刻です。


F1は年間数百億円かかるので、
赤字がつづいていたトヨタには厳しかったようです。


⇒ トヨタF1撤退の背景に 経営の「水ぶくれ」高コスト体質


トヨタがF1に復帰する噂もあるみたいです。

今ままでの失敗からちゃんと学んだ上で
F1に参戦すれば、勝てるチャンスはあるかもしれない。


自分のことに関してもそうだけど、
失敗した時は、そこから目をそむけずに
ちゃんと見て、学んで、進化していきたいものです。



F1データの正体 [ F1ケータイグランプリ編集部 ]


次のチャレンジはいつ?
⇒ トヨタがF1に復帰って本当?



posted by トヨタマン at 11:49| トヨタがF1で失敗した原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。